「マカ」の成分と働きについて

画像

南アメリカのアンデス原産

マカは南アメリカのアンデス原産の食物です。マカはプレ・インカ時代から3,000年あまりの年月にわたって、アンデスの山々の人々に活力の源として普及してきました。古代においては、マカは一部の特権階級の貴族しか口にすることが出来ない高給食品とされており、貴重な野菜の一つとされてきました。マカにはクリーム色から、黄色、紫、黒など様々な色があり、全部で14種類もの色が存在しています。しかし、種まきの段階では色を判断することは非常に難しく、育ててみないと分からないことが多いと言われています。マカは様々な色を持っていますが、実際に色があるのは外皮だけで、中身は全て同じ色となっています。また外皮の色によって栄養価の違いなどはありません。

日本の精力サプリメントでは一般的

マカを用いた製品は数多くあります。スポーツサプリメントはもちろん、栄養価の高い健康サプリメントまで数多くの商品に利用されています。それでは、製品の質の良し悪しを決めるのはどのような要因なのでしょうか?答えはシンプルで配合されるマカの質です。マカの品質自体は栽培される地域によって大きく異なります。高品質なマカを提供していることで知られているのが、マカの栽培のために適した環境があるペルーフニン県の標高4000メートルのボンボン高原で栽培されているマカが有名です。このような高原で栽培されるマカは低地で栽培されるマカよりもはるかに形や味、栄養面などが優っているために、マカの中でも高級品として認識されています。

栄養分が豊富で足らない栄養を補う

マカの栄養価が高い理由はマカが根菜の仲間であることに起因しています。野菜の中でも根の部分を食べる野菜は根菜と呼ばれています。じゃがいもやさつまいも、にんじん、たまねぎなどは根菜の仲間です。土壌に含まれている栄養素を、根菜は土壌の水分を介して吸収することが出来ます。植物の成長のために溜め込んでいるために、土壌の栄養素が豊かであるほど、そこで育つ根菜の栄養素も高くなります。そのため、根菜であるマカを育てるためには土壌の質が大変重要なのです。
マカが栽培されているボンボン高原は多くの栄養素やミネラルが含まれており、マカはそれらの栄養素をしっかりと吸収することによって豊富な栄養を含んだものとなります。

TOPへ戻る