バイアグラとの違いについて

画像

医薬としてのバイアグラ

マカやクラチャイダム、トンカットアリなどが含有されたサプリメントで男性の元気を改善するために必要な栄養を補うことは可能です。一方で、バイアグラという商品も男性器不全を改善するために利用されるものです。
そのように、結果が同じだとしても実は両者は分類に大きな違いがあります。バイアグラはED(インポテンツ)を改善する目的で開発されたもので、医薬品として取り扱われています。一方で、マカやクラチャイダム、トンカットアリが含まれているサプリメントは市販の健康食品と分類は同じものとなります。そのため、購入する際にバイアグラは医薬品として認定されているために医師の許可が必要となってしまいますが、サプリメントの場合には、医師の許可が無くても購入することが出来ます。

利用目的が大きく異なる

バイアグラの場合には、基本的に男性器不全の解消を目的として作られているために、既に勃起不全になってしまっているなどのインポテンツの状態向けの商品となります。医薬品ということもあり、薬という位置づけに近い商品です。
一方でサプリメントの場合には、マカやクラチャイダム、トンカットアリには健康を維持するための様々な成分が含まれているために、男性以外でも利用されます。健康維持として利用されたり、活力のサポート改善を目的とされている商品も多く、老若男女を問わずに服用出来るというのが大きな違いです。
更に、バイアグラの場合には服用してすぐに改善が見られますが、サプリメントの場合には長期間にわたって服用を続けて少しずつ必要な栄養を補っていくという形となります。

副作用が心配なバイアグラ

サプリメントと比較すると、顕著にリスクが高まるのがバイアグラです。
バイアグラは医薬品という位置づけになっているために、服用の量や方法を誤ってしまうと副作用のリスクが高まります。また、一回の服用についてもサプリメントと比較して体への負担が大きいことにも留意しておく必要があります。そして一番気をつけなければならないのが血圧の低下や心臓への負担リスクです。バイアグラは血液に関するリスクを伴う医薬品であるためにそれらのリスクを回避するように用法用量をきちんと守ることが大切です。
サプリメントの場合には、健康補助食品という位置づけとなるため、よほど過剰に摂取し続けなければ大きな影響はでないと言えるでしょう。

TOPへ戻る