成分の含有量・内容量が明確であること

画像

成分の含有量や内容量は必ずチェック

マカやクラチャイダム、トンカットアリなどが含有されている商品は日本国内に数多く流通されています。ドラッグストアなどで購入できるものから、インターネット上でしか購入できないものまで様々ですが、中には怪しげな商品が紛れ込んでいるのも事実です。実際、健康補助食品としてのサプリメントは怪しい組織が販売していることもあるために、中に含まれている成分の含有量や内容量などをしっかりと確認することが大切です。 それらを意識せずに服用してしまうと、アレルギーなどの思わぬ副作用が出てしまう危険性もあります。服用を始めてから湿疹などの症状が出てきてしまう場合には、すぐに服用を中止して、かかりつけのお医者さんのところに行って診察を受けることが大切です。

内容物が記載されていない怪しい商品には注意

サプリメントの中には、全成分表示をしていない商品も意外と多くあります。そのため、服用してから思わぬトラブルに巻き込まれてしまうというケースもあります。
各サプリメントのホームページなどをチェックしてみると、値段や発送方法、内容物の説明などが記載されていることはあるのですが、詳しい成分表示やそれぞれの含有量などが表記されていない商品もあります。そのような商品の場合には、リスクを考慮すると購入しないほうが良いと言えるでしょう。
一方で、消費者のアレルギーなどを考慮し、安全性を重視している優良企業であれば親切に全成分表示をしているところもあります。そのような会社は信頼出来るため、購入の検討をしても良いと言えます。

自分に合った服用量を

各サプリメントのホームページなどに、成分の含有量や内容量が書かれている場合には、その近くに一日の目安の服用量などが記載されていることが多いと思います。
商品によっては一日あたりの目安の服用量が2〜5個程度と曖昧に表記されているケースもあり、どの程度飲めば適切なのか分からないということもあります。
そのような表記をされているケースで、実際に服用を開始する際には、自分の体に合っているか見定めるという意味でも最初の数週間は最低限の2個だけ服用し、体に特に害がなければ徐々に服用する数を増やしていくというのがオススメです。
もちろん、体の小さな女性が服用する際には、最小限の2個で十分なケースもありますし、体の大きな方であれば5個服用するのが良いと言う場合もあります。

TOPへ戻る