サプリメントで気になる副作用について

画像

サプリメントの副作用とは

マカやクラチャイダム、トンカットアリなどが配合されたサプリメントが老若男女を問わずに人気が高まっています。
サプリメントというと、定義としては様々な内容物があるために、サプリメントによって副作用があるものとないものに分かれてきます。そして、副作用の原因は中に含まれている成分や用法用量を守らないことによるものがほとんどです。
マカやクラチャイダム、トンカットアリは元来、薬用の食材として古来より親しまれてきました。実際に様々な研究機関が実験をして出した結果によるとそれらの素材は非常に安全性が高く、副作用の心配はないと結論づけています。そのため、それらの素材そのものを服用することによる副作用の心配はいりません。

サプリメントは内容物に注意

現在、日本国内で出回っているサプリメントの中には、人工的・科学的に生成された成分が含まれていることも少なくありません。そのため、体に有害とされるそれらの成分を長期間にわたって服用し続けてしまうことで有害物質が体内に蓄積されてしまう危険もあります。
利用を始める前にサプリメントの中の成分をしっかりと確認し添加物が不使用かというのをしっかりと確認しておくことをおすすめします。
サプリメントは商品の性質上、長期間にわたって服用してはじめて実感が出てくるものです。そのため、有害物質が入ったサプリメントを服用していると知らず知らずのうちに自分の体に有害物質が蓄積されてしまう危険もあります。副作用については内容物もそうですが、商品利用者の口コミなども参考にするとよいでしょう。

用法・用量を守れば副作用は無し

日本国内で販売されている人気のサプリメントなどであれば、添加物不使用で、マカやクラチャイダム、トンカットアリを栽培する際も無農薬にこだわっているような優良な商品も存在しています。そのような商品であれば内容物から起因する副作用について心配する必要はありません。しかし、注意しなければならないのは用法用量を正しく守っているかという点です。
サプリメントのパッケージなどを読むと、商品によっては、一日あたり2〜5粒程度を服用と書いてあるものもあり、服用個数があいまいになっているものもありますが、それらの上限を越えて過度に服用をし続けることでホルモンバランスを崩してしまったりするケースもあります。そのため、過度な服用などは絶対に避けるようにしましょう。

TOPへ戻る