品質管理が整った国内生産品であること

画像

品質管理は気になるポイント

サプリメントの内容物が記載されていたとしても、心配なのが人工的・科学的な成分が含有され、それらが体に有害な影響を与えてしまうケースです。しっかりとしたマカやクラチャイダム、トンカットアリなどの素材を利用していたとしても、製造過程でそのような成分が紛れ混んでしまうことで人体に有害な成分が蓄積されてしまう恐れもあります。そのため、製品製造過程での品質管理は極めて重要なポイントとなります。
日本国内で流通しているサプリメントは国内製造と海外製造のものに大別されます。国内製造は品質管理が行き届いているために安全性が高い反面、コストが高いために商品の値段が高くなりがちです。海外製造のものは、商品の値段が安い反面、品質管理に不安が残ります。

海外製品では品質のばらつきが心配

日本で販売されているサプリメントで、国内製造にこだわっている商品はまだまだ少ないと言えます。そのため、国内製造にこだわっている商品では、各商品を紹介するホームページで必ず国内で製造管理されていることを記載しています。逆に、ホームページ上にそのような記述が無いサプリメントの場合には海外の工場で製造されているケースが多いと思います。
海外の工場では品質管理の面でもどうしてもばらつきが出てしまいます。更に、出来上がる商品についてもばらつきがあるケースもあり、日本国内で製造されている商品ほど高い品質は期待することが出来ません。
サプリメントは口に入れるものですし、長期間服用するものなので何よりも気になるのがその安全性です。安全性を重視する場合には国内製造のものを利用するのがよいでしょう。

品質管理が整っている国内産が安全

品質を重視し、安全性が高いサプリメントを利用したい場合には国内製造のサプリメントを利用するのがオススメです。
国内製造の場合にはGMP基準や、HACCP基準、有機JAS基準などの指標で安全性を確保しているケースが多いと言えます。
GMPとは、医薬品や健康補助食品の製造管理・品質管理が出来る体制を整えている工場にのみ認定される称号です。またHACCPとはミスを予め予測してその対策を図る体制が整っている工場に認定されるものです。さらに有機JASとは、化学物質を工場内には一切いれないで製造している品質管理体制が作られている工場に付与される認定です。
これらの認定を受けている国内工場で製造されている商品であれば安全性が高いと言えるでしょう。

TOPへ戻る