話題の成分「トンカットアリ」の実力とは

画像

東南アジアの熱帯雨林で取れるハーブ

トンカットアリは東南アジアの熱帯雨林のジャングル内部に自生しているニガキ科のハーブの一種のことを指しています。昔から現地の原住民の間では、滋養強壮や精力増進のための秘薬として愛されてきました。健康食材としても非常に有名なマカやクラチャイダムなどと比較されることが多いのも特徴で、似た作用を持っていながらも副作用がなく、安全性が非常に高い食材とされてきました。
近年では、韓国のある研究機関の発表で、朝鮮ニンジンの5倍もの健康サポート機能があることが明らかになっています。マレーシア国内ではトンカットアリを利用した栄養ドリンクとして販売されているなど様々な国々で人気が高まっています。体に必要な栄養を補う目的で利用されることが多い素材です。

トンカットアリの実力とは

トンカットアリの気になる実力ですが、体内にある脂肪やコレステロールが酸化してしまうことで過酸化脂質となります。それらは血管にこびりつき、動脈硬化などの原因となってしまうと言われています。トンカットアリには、サポニンと呼ばれる高い抗酸化作用を持つ成分が含まれているために、体内の脂質やコレステロールの酸化などを予防することが期待出来ます。
また、人間関係や仕事などのストレスによって体内のホルモンバランスが大きく崩れてしまう人が増えています。トンカットアリはマカやクラチャイダム同様に、アルギニンという成分が含まれており、普段の乱れた生活週間が原因で乱れたホルモンバランスを正常な状態に戻すための必要な栄養素を補ってくれます。

トンカットアリがもたらす副作用

マカやクラチャイダム、トンカットアリなどの成分を服用する際に最も気になるのが副作用です。
トンカットアリは古くから薬用として人々に親しまれてきました。クラチャイダムやマカと同様に自然の中で育ってきたトンカットアリは、老若男女を問わず、体への負担が非常に少なく、様々な研究機関が行った実験から、非常に安全性が高い植物であるということが分かっており、副作用の心配は一切ありません。
トンカットアリそのもには副作用はありませんが、トンカットアリを含むサプリメントを購入する際には注意が必要です。サプリメントの中には、科学的に作られた成分が含まれている場合があるのも事実です。そのため、そのような商品を長期間服用することで、有害成分が体内に蓄積されてしまう恐れもあります。

TOPへ戻る